アルゴリズムを解説する本 その1 AR認識編

アルゴリズムを解説する本 その1 AR認識編

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 300

 2011年の春ごろに、Javaで「NyARToolKit」互換のARマーカー認識プログラムを書いた時のレポートです。  入力画像からマーカーを検出して、3D上に配置するまでのアルゴリズムを解説した本です。  総ページ数は24ページです。 目次 ● はじめに ・AR マーカー ・ARToolKit ・独自ARマーカー認識プログラム開発の経緯 ・独自ARマーカー ● アルゴリズムの大枠 ・はじめに ・処理の流れ ・用語解説 ● プログラムを書く前に ・GC対策 ・オブジェクトの参照 ・ループの判定内で計算を行わない ・キャストを避ける ・配列のコピーには、System.arraycopyを使う ・その他細かな無駄を省く ● 画像の加工 ・ガウス・フィルタ ・2値化 ・ラベリング ・ラベルの排除 ・ラベルに付随して記録する値 ・通常のARマーカーを認識する方法 ● パターン認識 ・ラベルのソート ・パターン形成 ・4×4の行列を符号化 ● 空間認識 ・はじめに ・モデル・ビューのX軸、Y軸、Z軸を計算 ・Z方向の移動量を計算 ・X、Y方向の移動量を計算 ・モデル・ビューの行列を生成 ● 終わりに

 2011年の春ごろに、Javaで「NyARToolKit」互換のARマーカー認識プログラムを書いた時のレポートです。  入力画像からマーカーを検出して、3D上に配置するまでのアルゴリズムを解説した本です。  総ページ数は24ページです。 目次 ● はじめに ・AR マーカー ・ARToolKit ・独自ARマーカー認識プログラム開発の経緯 ・独自ARマーカー ● アルゴリズムの大枠 ・はじめに ・処理の流れ ・用語解説 ● プログラムを書く前に ・GC対策 ・オブジェクトの参照 ・ループの判定内で計算を行わない ・キャストを避ける ・配列のコピーには、System.arraycopyを使う ・その他細かな無駄を省く ● 画像の加工 ・ガウス・フィルタ ・2値化 ・ラベリング ・ラベルの排除 ・ラベルに付随して記録する値 ・通常のARマーカーを認識する方法 ● パターン認識 ・ラベルのソート ・パターン形成 ・4×4の行列を符号化 ● 空間認識 ・はじめに ・モデル・ビューのX軸、Y軸、Z軸を計算 ・Z方向の移動量を計算 ・X、Y方向の移動量を計算 ・モデル・ビューの行列を生成 ● 終わりに