サンプルコードで学ぶ Node.js Webスクレイピング

サンプルコードで学ぶ Node.js Webスクレイピング

  • Digital
    1,000 JPY

 『Node.js』の導入から、Webスクレイピングの実施まで、サンプルコードを中心に学ぶ本です。  『Node.js』の開発環境の構築、nodeやnpmのコマンドの習得、プロジェクトの作成から始めて、モジュールの利用や作成、ファイルのダウンロードや保存、HTMLのパース、Webブラウザの操作までおこないます。  この本では、以下の知識をまとめています。 * 『Node.js』の開発環境の構築。 * 「node」や「npm」コマンドの利用方法。 * JavaScriptの駆け足での基礎知識。 * コア モジュール、npmモジュール、自作モジュール。 * require、importの利用。 * 「node-fetch」「jsdom」を利用したファイルのダウンロードやHTMLのパース。 * 「Puppeteer」を利用したWebブラウザの操作や情報の取得。  データには、84ページの電子書籍(PDF)と、サンプルコードが収録されています。  目次は、以下の内容になります。 前書き 第1章 前提知識と開発環境の構築   1-1 Node.jsとは   1-2 Node.jsのインストール   1-3 WindowsでPathが通っていないとき   1-4 WindowsでNODE_PATHが設定されていないとき   1-5 Visal Studio Codeのインストールと利用 第2章 nodeコマンドとnpmコマンド   2-1 nodeコマンド   2-2 npmコマンド - 基本   2-3 npmコマンド - プロジェクトの作成   2-4 npmコマンド - パッケージのインストール   2-5 npmコマンド - パッケージのアップデート他 第3章 プロジェクトの作成と実行   3-1 プロジェクトの作成   3-2 プログラムの作成   3-3 プログラムを実行 第4章 JavaScript速習   4-1 JavaScriptの勘所   4-2 事前知識   4-3 変数と定数   4-4 数値   4-5 文字列   4-6 配列とfor文   4-7 オブジェクト   4-8 分割代入   4-9 関数   4-10 様々な値とif文   4-11 エラー処理   4-12 クラス   4-13 非同期処理とPromise 第5章 コア モジュールとnpmモジュール   5-1 コア モジュール   5-2 npmモジュール   5-3 import   5-4 import形式の中でrequireを使う 第6章 シンプルなアプリケーションの作成   6-1 作成するアプリケーションの概要   6-2 引数   6-3 Windows向けのバッチファイル   6-4 openモジュール   6-5 サンプル プログラム   6-6 サンプル プログラム2 第7章 fsモジュールとpathモジュール   7-1 ファイル操作にまつわるモジュール   7-2 パスの分解   7-3 fsモジュールの3つの系統   7-4 ファイルの存在確認   7-5 テキスト ファイルの読み込み   7-6 テキスト ファイルの書き込み   7-7 バイナリ ファイルの読み込み   7-8 バイナリ ファイルの書き込み 第8章 自作モジュール   8-1 module.exportsとrequire   8-2 読み込むモジュールのパスを確かめる   8-3 requireでのモジュールの検索   8-4 requireでのJSONファイルの読み込み   8-5 exportとimport   8-6 export default 第9章 ダウンロードとパース   9-1 ネットのファイルのダウンロード   9-2 HTMLファイルをパース   9-3 セレクタ   9-4 サンプル プログラム   9-5 単純なスクレイピングと複雑なスクレイピング 第10章 Puppeteerを利用したスクレイピング   10-1 Puppeteerとは   10-2 Puppeteerの導入   10-3 Puppeteerの起動   10-4 ブラウザを操作して結果を取得   10-5 スクリーンショットを撮る   10-6 サンプル プログラム 第11章 Puppeteerを利用したフォーム操作   11-1 Puppeteerでブラウザを表示する   11-2 Pageを利用した自動操縦   11-3 Puppeteerでの待機   11-4 Puppeteerでの自動入力とクリック   11-5 Puppeteerでの自動操縦の問題   11-6 サンプル プログラム 後書き

 『Node.js』の導入から、Webスクレイピングの実施まで、サンプルコードを中心に学ぶ本です。  『Node.js』の開発環境の構築、nodeやnpmのコマンドの習得、プロジェクトの作成から始めて、モジュールの利用や作成、ファイルのダウンロードや保存、HTMLのパース、Webブラウザの操作までおこないます。  この本では、以下の知識をまとめています。 * 『Node.js』の開発環境の構築。 * 「node」や「npm」コマンドの利用方法。 * JavaScriptの駆け足での基礎知識。 * コア モジュール、npmモジュール、自作モジュール。 * require、importの利用。 * 「node-fetch」「jsdom」を利用したファイルのダウンロードやHTMLのパース。 * 「Puppeteer」を利用したWebブラウザの操作や情報の取得。  データには、84ページの電子書籍(PDF)と、サンプルコードが収録されています。  目次は、以下の内容になります。 前書き 第1章 前提知識と開発環境の構築   1-1 Node.jsとは   1-2 Node.jsのインストール   1-3 WindowsでPathが通っていないとき   1-4 WindowsでNODE_PATHが設定されていないとき   1-5 Visal Studio Codeのインストールと利用 第2章 nodeコマンドとnpmコマンド   2-1 nodeコマンド   2-2 npmコマンド - 基本   2-3 npmコマンド - プロジェクトの作成   2-4 npmコマンド - パッケージのインストール   2-5 npmコマンド - パッケージのアップデート他 第3章 プロジェクトの作成と実行   3-1 プロジェクトの作成   3-2 プログラムの作成   3-3 プログラムを実行 第4章 JavaScript速習   4-1 JavaScriptの勘所   4-2 事前知識   4-3 変数と定数   4-4 数値   4-5 文字列   4-6 配列とfor文   4-7 オブジェクト   4-8 分割代入   4-9 関数   4-10 様々な値とif文   4-11 エラー処理   4-12 クラス   4-13 非同期処理とPromise 第5章 コア モジュールとnpmモジュール   5-1 コア モジュール   5-2 npmモジュール   5-3 import   5-4 import形式の中でrequireを使う 第6章 シンプルなアプリケーションの作成   6-1 作成するアプリケーションの概要   6-2 引数   6-3 Windows向けのバッチファイル   6-4 openモジュール   6-5 サンプル プログラム   6-6 サンプル プログラム2 第7章 fsモジュールとpathモジュール   7-1 ファイル操作にまつわるモジュール   7-2 パスの分解   7-3 fsモジュールの3つの系統   7-4 ファイルの存在確認   7-5 テキスト ファイルの読み込み   7-6 テキスト ファイルの書き込み   7-7 バイナリ ファイルの読み込み   7-8 バイナリ ファイルの書き込み 第8章 自作モジュール   8-1 module.exportsとrequire   8-2 読み込むモジュールのパスを確かめる   8-3 requireでのモジュールの検索   8-4 requireでのJSONファイルの読み込み   8-5 exportとimport   8-6 export default 第9章 ダウンロードとパース   9-1 ネットのファイルのダウンロード   9-2 HTMLファイルをパース   9-3 セレクタ   9-4 サンプル プログラム   9-5 単純なスクレイピングと複雑なスクレイピング 第10章 Puppeteerを利用したスクレイピング   10-1 Puppeteerとは   10-2 Puppeteerの導入   10-3 Puppeteerの起動   10-4 ブラウザを操作して結果を取得   10-5 スクリーンショットを撮る   10-6 サンプル プログラム 第11章 Puppeteerを利用したフォーム操作   11-1 Puppeteerでブラウザを表示する   11-2 Pageを利用した自動操縦   11-3 Puppeteerでの待機   11-4 Puppeteerでの自動入力とクリック   11-5 Puppeteerでの自動操縦の問題   11-6 サンプル プログラム 後書き