形態素解析器kuromoji.jsで遊ぶ

形態素解析器kuromoji.jsで遊ぶ

  • Digital
    300 JPY

 私は2016年に『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューをしました。とはいえ私は、文学畑の人間ではありません。小説の執筆についても、ソフトウェアの開発のようなアプローチで行なっています。そうした取り組みの一つが、『小説推敲補助ソフト「Novel Supporter」』の開発と公開です。  そうした、「小説をプログラミングで見る」際に役立つのが「形態素解析」です。「形態素解析器」(形態素解析を行えるツールやライブラ)を使えば、日本語の文章を品詞レベルで分解して、プログラムで詳しく見ていくことができます。  本書で扱うのは、JavaScriptから手軽に扱える形態素解析器『kuromoji.js』です。それでは、この『kuromoji.js』を使い、形態素解析で遊んでいきましょう。  掲載しているコードは、本書に同梱しています。 目次 第1章 序章  1-1 kuromoji.js について 第2章 環境構築編  2-1 nodistを利用した開発環境の構築  2-2 package.jsonの作成  2-3 index.jsの作成と実行  2-4 実行用バッチファイルの作成  2-5 使用モジュール 第3章 プログラム 基礎編  3-1 基本部分  3-2 引数の取得 getArgv関数  3-3 パスの初期化 getPths関数  3-4 ファイルの読み込み readFl関数  3-5 形態素解析の実行 tokenize関数 第4章 プログラム 応用編  4-1 形態素解析の結果そのまま fltrObj.plain関数  4-2 区切り位置で分割 fltrObj.split関数  4-3 読み方取得 fltrObj.yomi関数  4-4 単語集計 fltrObj.count関数  4-5 マルコフ連鎖 fltrObj.markov関数 第5章 おわりに  5-1 おわりに

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

 私は2016年に『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューをしました。とはいえ私は、文学畑の人間ではありません。小説の執筆についても、ソフトウェアの開発のようなアプローチで行なっています。そうした取り組みの一つが、『小説推敲補助ソフト「Novel Supporter」』の開発と公開です。  そうした、「小説をプログラミングで見る」際に役立つのが「形態素解析」です。「形態素解析器」(形態素解析を行えるツールやライブラ)を使えば、日本語の文章を品詞レベルで分解して、プログラムで詳しく見ていくことができます。  本書で扱うのは、JavaScriptから手軽に扱える形態素解析器『kuromoji.js』です。それでは、この『kuromoji.js』を使い、形態素解析で遊んでいきましょう。  掲載しているコードは、本書に同梱しています。 目次 第1章 序章  1-1 kuromoji.js について 第2章 環境構築編  2-1 nodistを利用した開発環境の構築  2-2 package.jsonの作成  2-3 index.jsの作成と実行  2-4 実行用バッチファイルの作成  2-5 使用モジュール 第3章 プログラム 基礎編  3-1 基本部分  3-2 引数の取得 getArgv関数  3-3 パスの初期化 getPths関数  3-4 ファイルの読み込み readFl関数  3-5 形態素解析の実行 tokenize関数 第4章 プログラム 応用編  4-1 形態素解析の結果そのまま fltrObj.plain関数  4-2 区切り位置で分割 fltrObj.split関数  4-3 読み方取得 fltrObj.yomi関数  4-4 単語集計 fltrObj.count関数  4-5 マルコフ連鎖 fltrObj.markov関数 第5章 おわりに  5-1 おわりに